公園のカワセミとか・・・

夕子(♂)です。コメントをいただけると尻尾を振って喜びます♪
Top
お魚くわえた・・・
2010年 01月 20日 |
昨日の公園のカワセミ。
水がらみの写真も沢山撮ることができました。

c0221838_1882086.jpg

池の底の魚と一緒に小石も咥えてしまったようで、水面に出た瞬間に嘴から獲物がポロリ!

c0221838_1815052.jpg

c0221838_18151758.jpg

今度はしっかり逃がしません!

私の手持ちか一脚でのダイブの撮影方法。

枝に止まったカワセミにピントを合わせ、飛び出しの瞬間を待ちます。(この時間が長いと腕はプルプル、長ければ長いほど成功の確率は下がります・・・汗)
そのとき嘴のむいているほうにスペースが出来るようにカワセミを置いておきます。(キョロキョロと落ち着きの無いカワセミの場合はセンターに・・笑)
もちろんAFはダイナミックモード、AF-Cで親指AFです。
飛び出すそぶりを見せたら連射開始、ファインダーでかわせみの姿を捉えつつ追い続けます。
水面に飛び込んだ波紋を確認できたらその場所でカメラを止め引き続き連射しまくり。
水面にカワセミを確認できたらさらに連射しつつ枝に戻るまでファインダーで追い続けます。
ここまでで大体2.3秒長くて5秒ってとこでしょうか?
この一連の動作がたまらなく面白いんですよね~♪

こんな感じなのですが、大体が途中で見失ってしまいます。
うまくファインダーに収められても枝や飛び散った水滴にピンが引っ張られて、ピンボケ写真の大量生産。
この日は飛び込む位置もある程度わかってたし、天候も条件が良かったのではっきりとファインダーで水面の波紋が確認でき自分にとっては最高の一枚が撮ることが出来ました。

置きピンの出来ない手持ちの場合、何とか飛び出しは撮れても水がらみや、その先の飛びつきをうまく撮るのは今の私の技量では至難の業です。
無理せず三脚使用すればいくらかでも取りやすいんだろうけど・・・
三脚も検討しようかな~・・・・

もちろん、すべてトリミング、リサイズです。
D300s+AF-S NIKKOR 300mm 1:4D
by tora-kankichi | 2010-01-20 18:35 | カワセミ |